マインド

マインドマップって知ってますかー!

こんにちは。
ほし☆かわです。

人間の「脳みそ」って、
どのくらいの重さかわかりますか?

体の大きさや男女によっても違いますが、
大体1200グラム~1500グラムだそうです。

1キロちょっとというと
何となく実感が湧きますよね。

調べてみると、
象で約4000グラム、
クジラで7000グラム程度なので、

一概に頭の良し悪しは脳みその重さだけ
ではないんですね。

しかし動物界での人間って凄いですよね。

「考える葦」っていうくらいひ弱なのに、
地球上を支配しているのですから。

私たちは普段、生きていて(生活していて)
常に常に何かを考えていると思います。

例えば、
りんごがあったとしましょう。

それを見た瞬間、
あなたは何を連想しますか?

だいたい頭の中では、
人間は2通りのパターンを
連想するそうです。

■1つは、
<バラバラに連想するパターン>

りんご→「ジュース」、「甘い」、「赤い」、
「くだもの」、「青森」・・・・

■もう一つは、
<数珠つなぎに連想されるパターン>

りんご→青森→津軽海峡→石川さゆり→美人
→ミスコン→舞台・・・・・

この2つの連想のパターンが
常に脳みその中で、複雑に絡み合って
考えが浮かぶのだそうです。

・・・・約60年前のこと、
1960年代にイギリスの教育者である
トニー・ブザンがこのことに着目しました。

大学生時代から、記憶の仕組みに興味を持ち、
独自に記憶の法則を生み出したそうです。

脳みそで考えたことを視覚的に表現すると
「放射状」つまり樹を下から見上げたような
樹状形になると気づいたのです。

これを「マインドマップ」と呼び、
「脳の思考プロセスである放射思考を
反映したノート法」と定義したそうです。

このマインドマップ、
今では思考プロセスを反映したノート法で
有名なので、これを活用する人は大勢います。

40年以上も前に考案されていて、
日本でも10年くらい前からこれに関する
書籍が多数出版されていたようですが、

私も恥ずかしながら知ったのはごく最近
です。

ただ、今では、
頭の中を「見える化」する時に、
ビジネスやほかの勉強をするときに、
様々な思考をする時に使っています。

最後にマインドマップの活用例を
ごく一部ですが、書いておきます。

・スピーチやプレゼンの原稿をまとめる。
・レポートなどの原稿アイディアをまとめる。
・週間、月間、年間計画などの作成時に使用。
・読んだ本の内容をまとめる時に使用。
・他あらゆる記憶の方法として使用。
・etc・・・・

まだマインドマップを活用したことがない
人は是非使ってみては如何ですか。。。

本当に頭の中がすっきりまとまりますよ。

最後に、
「マインドマップ」の解説の一例を
載せておきますね。
https://bit.ly/2UBkl2o

松竹梅の法則!!前のページ

フェルミ推定って何ですかー?次のページ

関連記事

  1. マインド

    真夏、真冬対策の極意とは・・・・

    こんにちは。ほし☆かわです。今日は、パソコンに向かう姿…

  2. マインド

    成功するために必要なことは?

    ほし☆かわです。成功するためには何が必要だと思いますか?…

  3. マインド

    やる気が出ない時の対処法とは・・・・

    こんにちは。ほし☆かわです。今回は、誰しもが陥る、「あ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


管理人:プロフィール

 

 

名前:ほし☆かわ

 

 

 

 

【経歴】

 

 

中央大学卒 商学部

 

元メガバンカー

 

2019.9 ネットビジネススタート

 

 

 

【資格】

 

 

ファイナンシャルプランナー

 

銀行業務検定財務2級

 

日本漢字能力検定2級、3級

 

 

 

【このサイトについて】

 

 

このサイトは「コンテンツビジネス」を使って、

 

サラリーマン以上の収入を上げて、

 

自由を手に入れる方法をご紹介しております。

 

 

 

・脱サラをしたい。

 

・インターネットを使ったビジネスがしたい。

 

・在宅ワークをしてみたい。

 

・とにかくお金と自由がほしい。

 

・やっぱり今のままではいけない!

 

・未来をなんとしてでも変えたい!

 

 

 

そんな方向けに配信しております。

 

 

 

是非、ご興味あれば、その中身を確認して

 

みてください。

 

 

 

私は、

 

インターネットを駆使して最も最短かつ

 

簡単に稼ぐ方法を常に研究しています。

 

 

 

そして、それをマニュアル化して

 

ご興味がある方に向けてご提供することを

 

目的としています。

 

 

 

推薦のサーバー

おすすめ記事

  1. コンテンツビジネス

    自由の便利さについて。。。
  2. コンテンツビジネス

    「コンテンツビジネス」はメリットいっぱい!(第2弾)
  3. SNS

    どんどん失敗したほうが良い。。。
  4. コンテンツビジネス

    とにかく自分で決めたいのです!
  5. コンテンツビジネス

    そもそも「コンテンツビジネス」って何?
PAGE TOP