コンテンツビジネス

販売の流れはこうだ!

ほし☆かわです。

SNSを趣味でやっているのであれば
何も言いませんが、もし、ビジネスで
やっているのであれば、
ちょっと耳を傾けてください。

「ただ、なんとなく」
「漠然と」
投稿していませんか?

もし、何か「商品」を売りたいので
あれば、きちんとした流れを作ること
です。

①何かこの人のブログ面白そう。
②へー、ビジネスをしてるんだー。
③メルマガもやってるんだー。
④面白そうだから登録してみよう。
⑤この人のメルマガもためになるなー。
⑥商品も販売してるんだ。

「商品」を紹介するにしても
いきなり紹介しても売ることは
難しいです。

「小さなゴール」+「小さなゴール」
この積み重ねを経て、
「最終ゴール」があります。

この仕組みをいかに自然の流れで
作るかがカギになるかと思います。

そこで、下記に挙げるSNSの違いを
考えてみてください。
何だか分かりますか?

・フェイスブック
・ブログ
・メルマガ
・LINE@

そうです。
「フェイスブック」と「ブログ」は、
自分が投稿した後に見てもらえたかが
分かりにくい。

一方、
「メルマガ」と「LINE@」は、
そのお客様にピンポイントでお届け
するので、高確率で読んでもらえます。

話をまとめると、

フェイスブック、ブログ等で
お客様を自分のファンにさせて
(小さなゴール)

メルマガやLINE@にも登録させて
(小さなゴール)

メルマガやLINE@でもファンに
なってもらい
(小さなゴール)

そこで、商品を買ってもらう。
(最終ゴール)
ということ。

つまり、
どこで商品を販売すれば良いかが
分かったかと思います。

この流れは、
SNSで商品を販売する最も重要な
流れですので、
是非、覚えておいてくださいね。

ターゲットを絞れ!前のページ

見込客はこう分析せよ!次のページ

関連記事

  1. コンテンツビジネス

    まだ、あなたはその職業で働きますか?

    こんにちは、ほし☆かわです。私の子供の頃、昭和40、5…

  2. コンテンツビジネス

    自分の商品を選んでもらう方法とは!

    ほし☆かわです。今の世の中、いろいろなもので溢れかえっ…

  3. コンテンツビジネス

    やっぱり「怪しい」ですか?

    こんにちは。ほし☆かわです。突然ですが、数年前から「豆…

  4. コンテンツビジネス

    たったの一年間だけです!!

    こんにちは。ほし☆かわです。あなたは、全力で何かに打ち…

  5. コンテンツビジネス

    考えるだけでワクワクしませんか?

    こんにちは、ほし☆かわです。まず、この配信のテーマである、…

  6. コンテンツビジネス

    あなたは、なぜそれを選びましたか??

    こんにちは。ほし☆かわです。先日、再度、勉強をしようと思い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


管理人:プロフィール

 

 

名前:ほし☆かわ

 

 

 

 

【経歴】

 

 

中央大学卒 商学部

 

元メガバンカー

 

2019.9 ネットビジネススタート

 

 

 

【資格】

 

 

ファイナンシャルプランナー

 

銀行業務検定財務2級

 

日本漢字能力検定2級、3級

 

 

 

【このサイトについて】

 

 

このサイトは「コンテンツビジネス」を使って、

 

サラリーマン以上の収入を上げて、

 

自由を手に入れる方法をご紹介しております。

 

 

 

・脱サラをしたい。

 

・インターネットを使ったビジネスがしたい。

 

・在宅ワークをしてみたい。

 

・とにかくお金と自由がほしい。

 

・やっぱり今のままではいけない!

 

・未来をなんとしてでも変えたい!

 

 

 

そんな方向けに配信しております。

 

 

 

是非、ご興味あれば、その中身を確認して

 

みてください。

 

 

 

私は、

 

インターネットを駆使して最も最短かつ

 

簡単に稼ぐ方法を常に研究しています。

 

 

 

そして、それをマニュアル化して

 

ご興味がある方に向けてご提供することを

 

目的としています。

 

 

 

推薦のサーバー

おすすめ記事

  1. マーケティング

    情報商材の値段について
  2. マーケティング

    ★相手にYesと言わせる方法!
  3. SNS

    ブログを続けるコツとは!
  4. マーケティング

    売上を増加させる一言とは?
  5. マーケティング

    100回言うより1回言ってもらう!
PAGE TOP