SNS

読み手が考えていることは?

ほし☆かわです。

今日のテーマは、
「読み手はさほど興味がない!」
ということについて書きます。

せっせとブログを投稿してますかー?
メルマガを配信してますかー?

投稿する側は、
一生懸命に文章を考えますが、
悲しいけど、読み手はさほど
他人の文章に興味がないということです。

大好きな小説家ならいざ知らず、
友達や知り合いでもない人の「文章」は
よっぽどでない限り、じっくりなんか
読まないのが普通です。

では、なるべく読んでもらうためには、
どうしたら良いでしょうか。

読んでもらうためには、
やはり読みやすい状況を作ってあげる
のが一番なんです。

当たり前に聞こえるかもしれませんが、
次のことを守ってください。

【まずは、見た目から】
・文字のサイズが適度な大きさか
・文字の背景が文字色と重ならないで、
読みやすいかどうか。

【次に、読みやすさから】
・読めそうな文字量になっているか
・読みやすい行間になっているか
・読みやすい改行になっているか
・適度に漢字、ひらがな、カタカナが
交ざっているか
(最近は特にひらがなを多めにした
ほうが読まれやすい)

【その他には】
・大見出し、中見出し、小見出しの整理
・時には箇条書きを使う
・画像、図解を入れる。

文章を読むのもちょっとしたことで、
止めてしまう人って結構いるので、

ここに書いたことは当たり前のようで
実行されていない人が多いと思い、
書いてみました。

SNSでの投稿はほとんどが文章なので、
ここに書いたことは非常に大事なので、
是非、参考にしていただければ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼メルマガ登録&無料解説本(全60P)はコチラから▼
⇒ 受け取って読んでみる
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文章を書くのは辛いですか?前のページ

釘付けにするサイトとは!次のページ

関連記事

  1. SNS

    ブログは毎日投稿しないといけないの?

    ほし☆かわです。ブログは毎日投稿しないといけないの?これは…

  2. SNS

    SNSの配信は続けなさい。。。という理由!

    こんにちは。ほし☆かわです。世の中、コロナ騒ぎで大変な…

  3. SNS

    アメーバブログについて書いてみました

    こんにちは。ほし☆かわです。今日は「アメーバブログ」につい…

  4. SNS

    SNSの配信が続かない時は。。。

    こんにちは。ほし☆かわです。よく「SNSって長続きしな…

  5. SNS

    あなたのSNSに非日常感を出してみて!

    こんにちは。ほし☆かわです。あなたはお祭りによく見かける…

  6. SNS

    プロフィールは本当に大事です。

    こんにちは。ほし☆かわです。この人、何している人なんだろう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


無料解説本の受け取りはこちら↓↓↓↓↓

管理人:プロフィール

 

 

ほし☆かわ

 

 

 

 

【経歴】

 

 

中央大学卒 商学部

 

元メガバンカー

 

 

 

【資格】

 

 

ファイナンシャルプランナー

 

銀行業務検定財務2級

 

日本漢字能力検定2級、3級

 

 

 

【このサイトについて】

 

 

このサイトは「コンテンツビジネス」を使って、

 

サラリーマン以上の収入を上げて、

 

自由を手に入れる方法をご紹介しております。

 

 

 

・脱サラをしたい。

 

・インターネットを使ったビジネスがしたい。

 

・在宅ワークをしてみたい。

 

・とにかくお金と自由がほしい。

 

・やっぱり今のままではいけない!

 

・未来をなんとしてでも変えたい!

 

 

 

そんな方向けに配信しております。

 

 

 

是非、ご興味あれば、その中身を確認して

 

みてください。

 

 

 

私は、

 

インターネットを駆使して最も最短かつ

 

簡単に稼ぐ方法を常に研究しています。

 

 

 

そして、それをマニュアル化して

 

ご興味がある方に向けてご提供することを

 

目的としています。

推薦のサーバー

おすすめ記事

  1. SNS

    ブログを続けるコツとは!
  2. マーケティング

    アイキャッチ画像はこれにするべし!
  3. マインド

    やる気が出ない時の対処法とは・・・・
  4. マーケティング

    ★言葉の威力を利用する!
  5. プライベート

    梅雨の合間の散歩
PAGE TOP